• 「認定介護福祉士養成研修」のリハビリテーションに関する領域で、県理学療法士協会の山本副会長から「生活支援のための運動学」「生活支援のためのリハビリテーションの知識」について講義を受けました。

  • 地域福祉部会では、今年度も「研修交流会」を3月12日(日)に長野市で開催しました。講師に全日本美容講師会最高師範の山下先生をお迎えし「美容のプロに学ぶ いつまでも美しく輝いていく人生」と題してお話しをしていただきました。

  • 平成28年度第3回理事会が3月11日(土)長野市で開催され、平成29年度事業計画、収支予算等について審議が行われ承認となりました。また、各理事より様々なご意見、提言等をいただきました。

  • 長野県社会福祉協議会との共催により、「専門職による災害時要配慮者支援を考える学習会」を長野市、松本市で開催しました。岩手県立大学の狩野社会福祉学部長に「岩手県での福祉避難所の開設・運営と専門職チームによる支援」についてお話しをしていただきました。

  • 「認知症スキルアップ研修」において、恵仁福祉協会の宮島常務理事から、認知症介護の専門的知識や実践力の向上について講義を受けました。

  • 「障害者支援のための研修」において、NPO法人地域創生研究所の坂本理事長、千曲荘病院の上平先生ほか3名の講師の方々から「精神障害の生活支援」「個別支援計画の作成」について講義を受けました。

  • 「第11回長野県介護・福祉サービス研究会」が2月17日(金)に松本市の浅間温泉文化センターで開催されました。長野県介護福祉士会からは、中信支部の会員が「障害者支援施設のリハビリにおける介護職の役割」と題して実践・研究発表を行いました。

  • 「高齢者の車椅子シーティング研修」において、NPO法人日本シーティング・コンサルタント協会の木ノ瀬理事長、栗木講師から介護におけるシーティングの座位保持と腰痛予防やトランスファー技術等について講義を受けました。

  • 平成28年度施設部会研修会において、「施設におけるターミナルケア ~介護福祉士の役割~」について、長野大学社会福祉学科教授の萱津先生より講義を受けました。

  • 「認定介護福祉士養成研修」の医療に関する領域で、日本ヒュ―マンヘルスケア研究所の中村所長から「疾患・障害等のある人への生活支援・連携Ⅰ」について講義を受けました。

  • 「認定介護福祉士養成研修」の初日は、京都女子大学教授の太田先生から「認定介護福祉士概論」について講義を受けました。

  • 介護福祉士の指導的立場を担う「認定介護福祉士養成研修」が全国に先駆けて、12月24日から始まりました。長野県介護福祉士会の畠山会長、県地域福祉課の担当者から激励のあいさつがあり、講義がスタートしました。

  • 第22回 公益社団法人日本介護福祉士会「関東・甲信越ブロック研修会in長野」が軽井沢町で開催されました。350人を超える参加者が集うなか、阿部長野県知事から祝辞をいただきました。

  • 平成28年度定時社員総会を、上田創造館で開催しました。審議事項のほか、会の発展にご尽力いただいた会員の皆様に会長から表彰状を授与しました。また、総会終了後、日本生活支援学会の黒澤会長から「生活支援学の構想」と題してお話しをしていただきました。

  • 長野県介護福祉士会広報委員会では、会長と新会員をつなぐ、架け橋企画として、座談会を開催しました。会長と話すことで介護福祉士会について一緒に考え、活動していっていただけたらと思います。座談会の詳細については、会報「ケアワーク信濃」2017年2月号に掲載しましたので、是非ご覧ください。

  • 「介護の日県民のつどい」が長野市の若里文化ホールにて11月11日に開催されました。長野県介護福祉士会では、初めての試みとして各支部会員による、介護技術の演習を行いました。このような機会を通し、参加者に介護技術を伝えることで、私たち自身も日頃の現場での関わりを見直す機会になりました。

  • 長野県介護福祉士会地域福祉部会では、石川県金沢市の「シェア金沢」への視察研修を行いました。「シェア金沢」は、障がい者、高齢者等の施設と飲食店・ホール等がひとつの街としてコミュニティを形成しています。生涯活躍のまちづくりについて学ばせていただき有意義な時間を過ごすことができました。

2017.02.16 2017年2月号

2016.12.20 2016年12月号

2016.10.20 2016年10月号

2016.09.09 2016年8月号

2016.07.12 2016年6月号

2016.04.21 2016年4月号

2016.02.17 2016年2月号

最終更新年月日 2017年3月27日